Works


case
03

五月が丘の家

SATSUKIGAOKA HOUSE

周囲は住宅、集会所、公園に囲まれ、6m巾の道路に接する敷地から、
中庭を確保して内側に開く提案から計画がスタートした。

1階には、寝室や客間、ガレージ書斎、2階にはLDKや水廻りを配し、
建物の中心に設けた中庭を囲むように、行き止まりのない広がりある平面計画とした。

自分だけの空を眺められる中庭、趣味に没頭できるガレージなど
周辺からの視線を気にしないプライバシーある生活の場が生まれました。